北海道デリヘルドライバー求人と女の子との会話

○女の子と仲良くなる北海道デリヘルドライバー

北海道でデリヘルサービスを提供してホテルから戻ってきたGちゃんはどこか疲れた表情を浮かべていた。北海道へと向かう道中で話を聞くと、どうやら乱暴に女の子を扱う客と会ったらしい。ぽつりぽつりと話し出している内にGちゃんは突然泣き出してしまった。「もう嫌だよ…こんな仕事」泣きながら吐き出された言葉に、僕は路肩に車を止めるとハンカチを渡し、後部座席へと移動すると頭をなでながら不意にキスをした。Gちゃんは突然のキスに驚き泣き止んでくれ、同時に僕のキスを受け入れてくれた。しばらくして唇から唇を離すと僕は恥ずかしさが込み上げてきたが、さらに恥ずかしさを重ねるセリフをはいた。「嫌な客と出会っても、僕が優しくしてあげるよ」社内はシーンと静まり返り、数秒の後、笑いに包まれた。「ありがとう。おかげで元気出たかも」さっきまで落ち込んでいたはずのGちゃんの目に輝きが戻ったのを確認した僕は、北海道にあるデリヘル店へと車を走らせた。

○待っている間に時間を潰す北海道のデリヘルドライバー

北海道のデリヘルドライバーである僕にとって、郊外のホテルからデリヘル店の控え室までの車中は夢のような時間でした。Gちゃんも僕のことは前から気になっていたようで、デリヘル利用客の前で魅せる積極性は影を潜め話しかけることができなかったそうです。会話をしている流れで、食事の約束を取り付けた僕はついにメールアドレスをゲットすることができました。 Gちゃんが戻ってくるまでの間、ホテルからデリヘルの控え室までの間が遠すぎたこともあり店から待機しておけと言われたので、ふらっと駅近くの公園まで行こうと思ったのですが、北海道の歓楽街を目にした途端に性欲へとスイッチが変わっていました。Gちゃんと楽しんでいるデリヘル客は最低でも90分はかかるので、僕は北海道のデリヘルで比較的少ない時間内で利用できるお店を利用しました。ソープや一般的なデリヘルといった時間のかかるものではなく手早く性欲を発散させようという目論見です。近くにある休憩用のホテルを利用して女の子が持ってきたソフトドリンクをいただきます。Gちゃんには劣るけどそれなりに整った容姿の女の子にお口で抜いてもらい、Gちゃんのいるホテルへと戻ってきました。仕事中に風俗で抜いて、かわいい女の子と話しながら帰れる夢のような職業だと言える北海道のデリヘルドライバーです。

北海道のデリヘルドライバー求人に応募すると、もしかしたらこのようなことが起きるかもしれません。