北海道でデリヘルドライバーが持つべきもの

北海道デリヘルドライバー

北海道でデリヘルドライバーに必要なもの

今回は北海道の大手デリヘルグループで採用担当をしている男性にインタビューしてきました。
テーマは北海道でデリヘルドライバーが持つべきものについてです。

北海道のデリヘルドライバーが持つべきカーナビ

女性の送り迎えやお客さんが待っているところまでの送迎、お客さんの送迎などがデリヘルドライバーの主な仕事となります。お店によって仕事内容が異なってくるため、他にも仕事がある場合もあるでしょう。雪が積もるといったことも多い北海道では女性が一人で移動するのが困難であることも多いので、デリヘルドライバーを必要としている風俗店やグループは少なくありません。

そんな北海道のデリヘルドライバーが持つべきもののひとつがカーナビです。雪が積もっていたり道が凍るなどといったことも多い北海道では、事故などで渋滞が起こることも少なくありません。それに巻き込まれることで指定された時間から遅れてしまうこともあるため、カーナビを利用して渋滞を避けるようにする必要があるでしょう。

またカーナビが必要とされるのは渋滞回避だけではありません。北海道では他の街の風俗を利用する男性も多いため、デリヘルドライバーは違う街まで女性を送迎する必要が出てきます。しかし初めて行く場所であれば道に迷うといったケースが考えられるため、カーナビがあった方が気持ちに余裕を持つことができるでしょう。

スタッドレスタイヤ

北海道のデリヘルドライバーが必要なもののひとつがスタッドレスタイヤです。常に雪が降っている季節であれば装備していることも多いですが、問題は季節の変わり目です。昼間は晴れていたのに夜になると急に雪が降るといったこともあります。そういったときに普通のタイヤであれば滑るなどして事故につながってしまうこともあるため、いつでも利用できるようにスタッドレスタイヤを持っておいた方が良いでしょう。

またスタッドレスタイヤを持っておくことの意味は他にもあります。それは送迎する女性のコンディションに関わる問題です。鎖をタイヤに取りつけると大きな振動が伝わり、それが車酔いにつながってしまうケースもあります。女性が良い状態で仕事ができるために、比較的振動の少ないスタッドレスタイヤを用意しておくと良いでしょう。

温かい飲み物

デリヘルドライバーは場合によっては外や車の中などに長い時間待機しなければならないこともあります。気温が低い北海道においてそれは過酷に思えることもあるでしょう。そういったときのために温かい飲み物を持っておくと良いです。待機中などの際に身体が温まるため、体調を管理する上でも役立ちます。