男性風俗求人の注意点

男性風俗求人

男性風俗求人で気を付けること

今回は男性風俗求人の注意点について書いています。
イキイキと働ける職場を探すときの参考にしてください。

男性風俗求人は給与額に騙されない

男性風俗求人を見て注意するべきことのひとつは給与額です。高収入を獲得できる風俗ということで「月収○○万」「日給○万」など景気の良い数字が並んでいる求人も少なくありません。しかしその給与額はあくまでも一例であって、どんな人でも必ずその金額が保証されるという訳ではありません。その職場のエースが獲得している金額を掲載している場合もあるので、求人に書いてある給与額を見て「この金額がもらえる」と考えない方が良いでしょう。

しかし男性風俗求人に書かれている金額が獲得できる可能性がゼロという訳ではありません。風俗店の多くは随時昇給の制度があるので、真面目に仕事をしている・職場に貢献するような働きをするという人はそれに応じて給料が上がります。活躍したことで必ずしも求人に書かれているような額の給料を獲得できるとは限りませんが、職場に貢献し続けることでその可能性も少しずつ上がっていくでしょう。

待遇は詳細を確認する


求人に書かれている待遇の内容に関しては、面接などで詳細を確認する必要があります。男性風俗求人では「寮あり」「自分の都合に合わせて働ける」といった待遇やシステムについてアピールしているものも多いです。自分にとって嬉しい待遇がある場合はそれの良いところだけに目が行ってしまいますが、入店した後に悪い部分が浮き彫りになることも少なくありません。

例えば「寮あり」と書かれていても、必ずしも快適なワンルームマンションが用意されている訳ではありません。何人かのスタッフとシェアして生活する・一人部屋でも築○十年のボロアパートということもあります。また「自分の都合で働ける」場合でも、保険に加入できない・昇給のハードルが高くなるといったこともあります。そのため待遇に関してはしっかりと確認する必要があるのです。

希望職種の応募があるところを選ぶ


男性風俗求人を選ぶときは、希望する職種で応募することが大切です。風俗ではデリヘルドライバー・web運営スタッフ・カメラマンなど様々な職種があります。これらは職種名から行う仕事が明確ですが、中には「風俗店スタッフ」という形での募集しかない場合もあるのです。web運営スタッフの仕事がしたくて、その範囲の仕事ができると風俗店スタッフに応募したものの、webではなく送迎や受付の仕事がほとんどということもあります。このような状況を回避したい方は、できるだけ希望する職種の求人に応募すると良いでしょう。